白髪染め

カラートリートメントにはどんなメリットがあるの?特徴をマルっと解説

カラートリートメントにはどんなメリットがあるの?特徴をマルっと解説

自宅で白髪のセルフケアをする場合にグレイカラーを使用するかカラートリートメントを使用するか迷っている人も多いのではないでしょうか。

セルフケアには手間がかからないものを使用したい、美容室と同じくらいの仕上がりを期待したいなど、それぞれ希望があると思います。

手間をかけずに綺麗な髪色をキープしたいのであれば、カラートリートメントがオススメです。

髪を傷める心配もないので、安心して使い続ける事が出来るでしょう。

トリートメント成分がたっぷり配合

カラートリートメントは、トリートメントが主成分として多く配合されています。

染料よりもトリートメント成分がたくさん入っているので、髪の毛を傷みから守ってくれます。

また通常のカラー剤のようなブリーチ力の高い製品ではないので、これ以上髪の毛にダメージを与えることはありません。

通常のトリートメントのようにヘアケアとして、シャンプー後に使用する事が出来ることも嬉しいポイントです。

またこのトリートメントは髪の毛の表面だけを着色していきます。

そのため頭皮に近い生え際などでも刺激を感じる事なく、安心して使用する事ができるのです。

じっくり染まって自然な仕上がり

カラートリートメントは使い続けていくことで髪の毛が染まっていきます。

通常のヘアカラーのように1度でしっかりと髪の毛に着色はしませんが、回数を重ねるごとに染まっていくので自然な仕上がりです。

またカラートリートメントは比較的暗めな色味に仕上がります。

元々の髪色を変えたくない人や白髪だけを暗く染めたいという人にはピッタリの製品です。

デメリットも・・・

使い続けることで髪色がキープ出来るのですが、使用をやめたら数日で元に戻ってしまいます。

しかしカラートリートメントは髪にダメージを与える事がないので、使い続けても全く問題ありません。

トリートメント効果で髪の保湿をしたりダメージから守ってくれます。

自然な色味を保ちながら髪のケアもできて、一石二鳥と言えるでしょう。

もう1つの注意点はトリートメントで着色されている状態の時に通常のカラーを使用すると、しっかりと染まらない可能性があります。

あひる
あひる
美容室で白髪染めをする際には、カラートリートメントを使用していることを予め相談しておきましょう。

自宅でセルフで続けやすい

通常のトリートメントのように、シャンプーの後にお風呂で使用できるのがカラートリートメントの特徴です。

白髪染めのようにケープや手袋を付けたり、液体が家のあちこちに飛び散る心配もありません。

また薬剤が手や頭皮に付着したり、刺激を感じるといった心配もないのです。

お風呂でトリートメントを塗布し、5分〜10分程度放置したら洗い流すだけです。

通常のトリートメントのように簡単でさらに毎日使用する事ができます。

手間がかからないので、セルフでも無理なくケアを続けていけるでしょう。半身浴のついでなど、ながらケアをする事が可能です。

まとめ:髪を傷めずにセルフケアしたい人にオススメ

白髪は、髪の毛が少しでも伸びてくるとすぐに目立ってしまいます。

こまめなメンテナンスが必要ですが、毎回美容室で染めてもらうのは時間とお金がかかります。

カラートリートメントであれば無理なく続けて髪色をキープする事ができるでしょう。

カラートリートメントは薬局などで簡単に手に入れる事ができ、通常のトリートメントと価格もほとんど変わりません。

自宅でのセルフケアとして取り入れてみるのも良いかもしれませんね。

販売されている製品は、それぞれトリートメントの配合量やカラーの仕上がりなどに違いがあります。

できる限りダメージを抑えたい人はトリートメント成分の配合料が多いものを、しっかりと染めたい場合は染料の配合が多いものを選ぶと良いでしょう。